<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

菅野よう子さんのコンサートに行ってきた


まずスポンサーのグラヴィティーに感謝を。(まさか重力社に本気で感謝する日がこようとは)

Origaさんも、山根麻衣さんも、坂本真綾さんも、写真すら見たことがなくて
(坂本さんの場合ジャケ写は見たことあるし3人とも曲は一杯聴いてるけど)
いきなり3人が並んで一緒に歌うのが見れてすごく新鮮だったし興奮したね!

しかも、いきなり2曲目と3曲目がinner universeとriseと来たもんだ!!!
Origaさんの歌声が生で聴けただけで逝けるよ!一番の目当てだったし!逝くよコレ
でもそれは感動のマラソンの始まりに過ぎなかったなんて誰が予想しただろうか!

Call me Call me とかELMとかビバップの曲は山根さんが歌ったけど、すっげー
いい味出てた。静かなアコギバージョンのREAL FOLK BLUESも鼻血物だったし
(でも魂を揺るがす迫力がありましたよ)クライマックスだと思われた瞬間にBLUEが
歌われ妖精みたいなコーラス(何語かわかりませんw)は坂本真綾さんが担当してたし
ライヴのBLUEはすっごい迫力があってもう鳥肌もんというかー歌い方を変えていて
アルバムより心が揺れたし!どうしよまた聴きたくて涙出ちゃうよーでも一生に一度かな!

やっぱりビバップと攻殻しか見てなくて(エスカフローネも観たけどかなり昔見たっきりで)
あまりファンとも言えない私には知らない曲も多かったけど(最後、菅野さんのピアノ演奏が
大航海時代とか色んな曲のメドレーだったみたい)Origaさんと山根麻衣さんが物凄くて
坂本真綾さんが押され気味?色々一緒に歌ってるけど自分がメインではあんま歌ってない?
と思ったら、BLUEが最後の曲だろーなーと思ったら最後、坂本真綾さんで決めにかかって!

「指輪」の韓国語版をOrigaさんが歌い始めて山根麻衣さんが続きのフレーズを歌って
坂本真綾さんがついに歌いだすー時には坂本真綾さんファンは卒倒してるところだろ。
俺もファンじゃないのに卒倒しそうになったし…でも日本語で歌いだしたら、さらに反響が
大きかったってのが微笑ましいよねw(*もともと韓国語版は真綾さんが歌ってないから)

しかしなんだかんだいっても菅野よう子さんがすごい。噂には聞いていたけど、色んな楽器を
自分で使ってて聴衆を笑わせたり泣かせたりーこの人はただの天才作曲家じゃないって事を
肌で実感したよ。何といえばいいのかはわからないんだけどw本当に多能な方だったよね!

坂本真綾大特集みたいな感じのパートも終わって今度こそ終わりか?と思ったら後ろの壁が
開かれて、中から以外と大きい空間が出たけど、座ってるオーケストラの方々の後姿が…
そう来たか!回転してオーケストラの登場!!!指揮は菅野よう子!!!うおお!!!

あ・・・・お母さん・・・・ぼく生きてますよね?
これは生きててよかったとか死んでいいとかのレベルじゃない!!!

生 き る ん だ !!!!!! 何がなんでも生きるんだ!!!

無邪気に!!!熱く生きてみせる!!! と決意させるだけの感動が溢れるこの瞬間。
ちょっとクラクラになりすぎて、途中から曲の順番とかもちゃんと覚えられなくなったけど
でもオーケストラを背景に歌うとかものすごいですから!なんかだんだん何書いてるか
わからなくなったからここでいったん締めるとしよう。しかし、グラヴィティめ。公演の前は

「ラグナロク2OST売ってたけど買わねーの?」と友達が言うもんで「なんでそんなゲームの
サントラ買わなきゃいけないのさ!」と言ったら「ゲームはどうあれ音楽はすごいよ?」との
やりとりがあったのだが、コンサート終わったら「ねえサントラどこ?ねえどこで売ってるの?」
って聞いて真っ先に買いに走る俺がいました。やるな、グラヴィティ・・・これは反則だろwww

ゲームやったことないから初めて聴くんだけどすっげーよくて・・・あ・・・無責任に断言しよう。
このゲームは音楽だけでも成功すると!…と言いたいが友達の話だと音楽は本当いいけど
その使い方がダメで、いちいち曲が切り替わるからじっくり聴けないとか…なにすんだ重力!

はぁ・・・曲は本当によくて聴きながらイメージするとすごいことになるけど、実際のゲームは
しょぼいとか話しながら帰りました。なんかサインもらおうと待ち合わせしてるファンの集団が
(ほんの少し)いたけどもらえる保証もなかったし、もう11時だから疲れてらっしゃるだろうしー
(つーか本当にパワーフルな公演だったんだから…いい意味で疲れたよ心躍らすだけでもw)
ぼくは別にファンじゃなかったので(しかし確実にファンになっていきそうな予感が…する!)
皆とまっすぐ帰りましたけど。Origaさんと山根麻衣さんにはサインをお願いできそうなCDとか
持ってるんだけど、坂本真綾さんのCDは俺持ってなくて、それが悔しかった。坂本さんの曲、
好きな曲も結構あって、いつかCD買おうー買おうーと思ってたけど、未だに買えなかったの。

それが最初舞台に立ってる3人の歌姫の姿を見たとき「やばいぜこれは!」と思ったわけね。
「俺皆尊敬してるのに坂本さんのCD何で持ってないんだよ、前から買おうと思ってたのに!」
・・・まあ俺みたいなのじゃなくて、熱血なファンはその場に一杯いたんだから、いいですけどw

しかし「このコンサート、MCないんじゃないのー?」と思ったら最後にど~~っぷりあって~~
しかも殆ど韓国語で喋るとかww菅野よう子さん頭良すぎですよ!もう~びっくりしました。
(そういう意味でも天才なのかな?)でもOrigaさんには日本語で話してたよね。もしかして
Origaさんには日本語が通じるの?!(まあ普段は英語で話してる思うけどどうなんだ?!)
RO2の曲歌ってたのが韓国の10歳の男の子で、(英語も上手なんだってー)オーケストラは
韓国の方々ってのも、なかなか微笑ましいことだったかな。もちろん日本人の皆様が本当に
すごかったんだけどね!!!BLUEの話に戻るけど、あまり伴奏がない状態から始まって、
2番目から楽器が増えてくるとか~~いやRO2の曲をフルで演奏してる時もすごいし!

おれはもうこのコンサートのことは一生語ってそうな気がするんでここまでにしときましょうか。
とにかく確実なのは、俺はこの濃密で長くて、(矛盾してるが)あっという間だった3時間で、
とても価値あるものを得たことだ。生きる気になった。ついでに英語の勉強する気にもなった。
[PR]
by notki | 2007-06-21 01:18