Kick-ass / 空気人形


コピペしてから改変

Kick ass ヒットガールは噂以上に素敵だった!真面目に燃える映画。曲は西部劇だったが香港映画の興奮を感じた…主人公がどうでもよくなる映画ですが痛快復讐劇が観たいなら超オヌヌメ。無駄なスプラッターは嫌いだが、ちゃんと手順を踏んでたので認める。というか後半、めっちゃ楽しめました。「非現実」として観ている観客のために、主人公の存在と行動、そして残酷描写などがあるのだと思うのですが、それでも最後まで真面目に観ないで冗談半分で観てるなら、逆に楽しめないはずで、主人公の冗談っぽさが真面目な復讐者たちを引き立ててくれているけれど、だから欠かせない役だけれど彼自身はやはり掴みとしては弱い。それだけが残念なところですね。この映画を楽しめるはずの観客が敬遠してしまう可能性が…(ていうか俺)だから日本公開の際にはHit girlを推さないといけない…いや必ずそうなるだろう

空気人形 期待しなかったが案外面白く観れた。不思議じゃないけど不思議に見えて不思議な現代風景散策。最後は皮肉が効き過ぎていて戸惑ったけれど、上手いシメだったとは思う。ピノッキオかと思ったらマッチ売り少女。絵は本当に楽しめたが、この監督の作品にしちゃ、単なる異色作ということになるだろうな。ドッシリ重い感覚が足りなくて寂しい。ふわふわ。
[PR]
by notki | 2010-04-26 13:05
<< 구르믈 버서난 달처럼 / ア... ゼロの焦点 / 闇の子供たち >>